ご祭神


国家公共に尽くした人の神霊
 

ご由緒


 全国各道府県の護国神社は、ほとんど明治維新の当時に招魂社として創建され、戦前より慰霊の祭儀が行われていました。

 しかし宮崎県は、明治維新の当時、小藩分立の状態であったなどの事情もあり、県内全域の御霊
を祀る招魂社は創立されていませんでした。そこで県としては、移設のできる小さな社殿を造り、毎年
祭場を設営して県下全戦没者の招魂祭を執り行ってきました。

宮崎県護国神社 本殿 昭和16年12月、大東亜戦争の勃発により戦没者の数が非常に増加し、護国の英霊に対する県民の感謝と敬仰の念いよいよ深まり、県民の要望に応えるため、当時の知事をはじめ各界の代表者数
十名が設立者となって宮崎県護国神社建設奉賛会を組織し、昭和18年4月23日内務大臣の許可を
得て宮崎市下北方の高台に鎮座地を定め建設工事に着手しました。
 
 しかしながら建設途上において昭和20年8月15日の終戦を迎え、日本が連合国の占領下におかれるとともに、当時の宮崎軍民政部長官マスマン少佐の厳命により建設を放棄するのを余儀なくされました。

 その後、講和条約の発効をみるに至り、護国神社再建の要望が澎湃として起こり、昭和28年4月宮崎県護国神社再建奉賛会を組織して県民の浄財をつのり、神社の再建に着手、昭和30年3月竣工、同日鎮座祭を斎行し今日に至ります。
 

年間の主な祭典

 

 

歳旦祭 一月一日 中祭式
夕御饌祭 一月一日 中祭式
日供始祭 一月二日 小祭式
元始祭 一月三日 中祭式
命日始祭 一月四日 小祭式
紀元祭 二月十一日 中祭式
祈年祭 二月十七日 大祭式
陸軍記念日マツ 三月十日 小祭式
春分祭 春分の日 小祭式
合祀大祭 四月九日 大祭式
例大祭 四月十日 大祭式
天長祭 四月二十九日 中祭式
御衣祭 五月十四日 小祭式
海軍記念日祭 五月二十七日 小祭式
御神灯奉献奉告祭 八月十四日 小祭式
終戦記念奉告祭 八月十五日 中祭式
秋分祭 秋分の日 小祭式
御衣祭 十月十四日 小祭式
神嘗祭 十月十七日 中祭式
明治祭 十一月三日 中祭式
新嘗祭 十一月二十三日 大祭式
除夜祭 十二月三十一日 小祭式
 
月次祭 毎月十日 小祭式
命日祭 毎日十一時 小祭式


以上の諸祭典のほかに、各戦友団体及び遺族団体等による追悼慰霊祭や諸祈願等を随時行っています。

また毎年11月18日に斎行される沖縄「ひむかいの塔」における慰霊祭(中祭式)に宮崎神宮及び宮崎県神道青年会の協力を得て奉仕しています。
 

昭和天皇・皇后陛下(香淳皇太后) 御親拝


昭和48年4月7日

プリンタ用画面
投票数:317 平均点:5.24
カテゴリートップ
TOP
次
みたま祭
ご連絡先
〒880-0053 宮崎市神宮2-4-3 TEL:0985-25-2719 FAX:0985-25-2719
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 神社の案内 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失